誕生日+タロット系3 ミッションカード

fortunate-therapy.com

 

ミッションカードが「1.魔術師」の人

magician

このカードを持つ人のテーマをひとことで表わすとしたら、それは「魔法」です。

「魔術師」のカードには「1」という数字が割り当てられ、物事の新しいはじまり、スタートを表わしています。

「0」が母親の胎内に宿った姿ならば、この「1.魔術師」は、母体で準備段階を終え、ようやくこの世界に生まれました、といった感じです。

「生まれたばかり」ですが、「この世界に生まれたばかり」であって、彼自身の存在は、母親の胎内に宿る前から、天にずっと存在していました。

まだ、この世界よりも、天とのコネクションのほうが太く、魔術師の頭上に描かれた「∞」はその現れでしょう。

そのためでしょうか、「魔術師」は、わたしたちに数々の「不思議」を見せてくれます。

「1.魔術師」のカードの数字の「1」は、新しいショーはじまりです。

「ショー」というのは、英語で「見せる」とか「見えるようにする」という意味です。

誰かに「見せる」ためには、練習が必要です。

あのトランプさばきが1日でできるでしょうか?

数日で、スムーズに鳩が出せるようになるでしょうか?

そこには、人には見えない厳しい訓練があったのだと思います。

そして、「ショー」を、楽しく「見せる」ための工夫を、あなたはいくつか用意しているはずです。

そこには緻密な計算や計画もあるでしょう。

しかし、「ショー」を演じるあなたは、そんなそぶりは一切見せないのです。

明るく、そしてにこやかに、あなたは熟練の技を洗練された鮮やかな身のこなしで感動を与えてゆきます。

見ている人たちには「はじめて」の、しかし、演じているあなたにとってはすごく馴染みのある「いつもの」技です。

あなたは、まるで魔法使いのように、新しいもの、珍しいものを人々に紹介します。

シルクハットに水を注いで逆さまにすると、花吹雪になったり。

トランプを自在に操ったり。マントから突然、鳩を出してみたり。

思いもつかないような、魅力的で、そして斬新な方法で見ている者の心を奪います。

そんな、人々が夢中になる「魔法」をあなたは使える人です。

あなたが何かをするときには、いつも「人に見せること」「ショー」を意識してみましょう。

「どうしたら素敵に見えるのだろうか?」「どうしたら楽しんでもらえるのだろうか?」「親しんでもらえるのだろうか?」

そうイメージすることが、あなた自身とあなたから発信されるものを、ワンランク上の「洗練されたもの」に磨き上げてくれる「魔法」になります。

 
 
 

 

 
 
 
こっちにも頭上に∞があるのか・・・
 
 
演技ならいつもやってるけどそういうことではないのかな
 
 
「ラッキーだね」とか言われやすいのは、何の苦労もしてないと思われてるってのと似てる気はする。